つるし雛(金魚・朝顔)【キット商品詳細】

つるし雛(金魚・朝顔)

つるし雛とは、江戸時代後期から始まった風習で吊るし飾りのことで、生まれてきた子供の初節句に無病息災、良縁、幸せをこめて、お母さんやおばあちゃんが手作りされていたものです。

金魚のように「華麗に瑞々しく、悠々と人生を渡れるように」との願いが込められています。さらに、金魚はたくさんの卵を産むことから、多産祈願に通じる縁起の良い魚ともいわれます。
※専用台は別売り→ご購入はこちら

難易度:
サイズ:
全長 約19cm、金魚 3×4cm、朝顔 3*3.5cm
金具の色味:
使用する道具:
はさみ・ものさし
MIYUKI先生のポイント

糸を強く引きすぎたり、同じビーズに何度も針を通すと、ビーズが割れることがありますのでご注意下さい。糸を強く引きしめすぎている場合、作っている途中で糸が毛羽立つことがありますので、適度に引きしめながら作って下さい。

コードNo. 販売形態 内容量 (希望小売価格)
販売価格
在庫 個数選択
BFK536
パック 1セット (1,026円)
820円

買い物カゴ

現在買い物カゴには
何も入っていません。

合計金額
0円
ページトップへ戻る