ビーズおりきH907を使ってイライラしないラップブレスレット作り

ビーズおりきH907を使ってイライラしないラップブレスレット作り

届いたその日にお家で手作り出来る、大人気の「ラップブレスキット」。
もちろん、このキットだけでも手作りすることはできますが…

ビーズおりき「H907」

「レザーコード」を ”ピンッ”と張れば、ラップブレス作りのビーズ通しが、心地よい作業に変わります。
手首から腕にかけて何重にもぐるぐる巻く、「ラップブレスレット」は、とてもながーーーいレザーコード2本の間にビーズを通していきます。
糸やコードが絡まってしまう、編み進めていくと…通し終えた部分がねじれてしまったりと、長い「レザーコード」や「糸」を使用して作るラップブレスレットならではの悩みや、イライラが解消します。今までよりサクサク、ラップブレスレットが作れるようになりますよ。ぜひお試し下さいね。

イライラしない作り方

織機で作るラップブレスの手順
「丈夫な糸」を足して、セッティング準備。

「丈夫な糸」を用意します。(「丈夫な糸」は制作中のみに使いますので、特に指定はありませんが、レース糸やたこ糸など、丈夫な糸がおすすめです。)
約50cmの「丈夫な糸」を、下の絵のようにレザーコードに通します。

織機で作るラップブレスの手順
「ビーズおりき」にセッティングする。

2本のコードを均等に「ビーズおりき」にセッティングする大切な作業です。
ココで使う「クリップ」は、固定できれば何でもOK。身近にありそうな写真のタイプのクリップが、わりと固定出来ます。( 一般的な洗濯ばさみや、挟む力の弱いクリップはおすすめしません。)
「丈夫な糸」のセッティングは、取り付ける側のバネを手前に向けると取り付けやすくなります。


H907のバネの溝に「丈夫な糸」を掛けます。


「止め棒」に4〜5回巻き付けます。


クリップで固定します。


反対側のセッティング。
写真のように通し2本の「レザーコード」を 均等に引っ張ります。
バネの溝に「レザーコード」を沿える。(太いレザーコードは、溝に入らなくてもOK)
巻き取り部分(木の部分)の下を通り、再度バネ部分に載せ引っ張ります。


「レザーコード」をしっかり引っ張りながら、クリップに挟み固定します。
2本のコードが均等に張れているか確認しましょう。

織機で作るラップブレスの手順
「ビーズ」を通します。

「ビーズおりき」にセッティングしたまま、キット付属の説明書を見ながら「図案」と「基本の作り方」の通りに編み進めます。


説明書はこんなの。


何粒か編み進めた状態。
「丈夫な糸」を取り付けた側を手前に向けて編み進めます。

織機で作るラップブレスの手順
「ビーズおりき」の端まで「ビーズ」を付けたら巻き取る。

「ビーズおりき」の長さいっぱいまでビーズを取り付けたら、「レザーコード」をずらして、続きからビーズを取り付けます。ブレスレットの「図案」通り終わりまでこの巻き取り作業を繰り返し行います。


「クリップ」を外し「レザーコード」を緩めます。


編み始め側の「蝶ネジ」を緩めます。「蝶ネジ」は両方をつまんで回しましょう。


「丈夫な糸」を指で浮かせながら、巻き取り部分(木の部分)をコロコロ回しながら巻き取ります。
続きが編める位置で「蝶ネジ」を締めて固定します。
(コロコロ回しにくい場合はクリップを外して指で押さえて回しましょう。)


再度、「レザーコード」を均等に”ピンッ”と張りクリップで固定し、続きのビーズを付けます。
「丈夫な糸」を取り付けた側を手前に向けて編み進めます。

織機で作るラップブレスの手順
「レザーコード」と「糸」の始末。

終わりまで「ビーズ」を付けたら、キット付属の「作り方説明書」通りに、「レザーコード」と「糸」の始末をします。


完成。

ラップブレスレットキット

当店で販売中のラップブレスレットキットです。お気に入りのデザインのブレスレットを「ビーズおりき H907」を使ってお作り下さいね。

無料レシピのラップブレス

ラップブレスレットの作り方と材料を無料公開しております。材料を個別に揃えて、パソコンやタブレット印刷したものをご覧頂きながらお作り下さい。

ビーズおりきの手作りキット

「ビーズおりき」を手に入れたからには、本格的な「ビーズ織り」も、始めて見ませんか?
始めての方やお試しの方には、小さなシート作りから始める「デリカビーズ織り」がおすすめです。 「ビーズおりき」を使う、手作りキットがございますので、ぜひチャレンジしてみてください。

【人気です】バッグチャームキット

必要な材料がセットになっております。「ビーズおりき」をお持ちの方は

バッグチャームキットは、この「ビーズおりき」でも作れます。

  •     伸縮型織機 
    伸縮型織機 
    LM21R
    ビーズで手作りする 副資材の購入はこちら
  • 当店No.1のベストセラー「デリカビーズおりき」 樹脂製フレームでシートの長さを調節できる伸縮型です。
    長さを調節できるので「長さ5cm〜21cm」まで、多彩にシートを織ることができます。
    当店の無料レシピでも多数使用していますので、1つあると、様々に作品作りに生かせます。
    LM21Rを解説したページはこちら
  •     ミニワイド織機 
    ミニワイド織機 
    LM31
    ビーズで手作りする 副資材の購入はこちら
  • 樹脂製フレームで、小さいけれどワイドに使える「デリカビーズおりき」。
    デザイナーによると、バッグチャームキットは、この織機が一番作りやすいそうです。
    上記の伸縮型織機(LM21R)に比べ、伸縮しませんが、バッグチャームキットのような短いシートを作る際には便利な織機です。
    可愛らしいフォルムの織機で、使う方が増えているビーズおりきです。

ビーズワーク 基本の道具

今から始める方に、作業が便利でより一層ビーズワークが楽しくなる道具がこちらです。
ビーズステッチやアクセサリー作りなど、どんなものにも使う基本の道具です。
一度購入すればずっと使えるものですので、始めに揃えられる事をおすすめします。

ビーズワークの作品には様々な種類があります。作品や使用する技法によって、「ビーズステッチであれば、針や糸」「金具を繋ぐものであれば、ペンチやニッパー」「ビーズ織りは、織機や長い針」など、作るものに合わせた道具や副資材を用意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MIYUKI先生 お願いフォーム(リクエスト専用)

MIYUKI先生へのご要望・ご質問・ご意見を受け付けております。
メールアドレス、職業、お願い内容を記入の上「内容を確認する」を押してください。

このページに関わる際は、ページのURLやページタイトルを記載いただけるとスムーズにお返事できますので、ご協力お願い致します。

メールアドレス
職業
お願い内容

ページトップへ戻る