ビーズファクトリー オンラインショップ特集ネイティブアメリカン風アクセサリーのプレゼント

ネイティブアメリカン風アクセサリーのプレゼント ホワイトハーツのアレンジネックレス

New Recipeハンドメイドのギフト

メンズへのプレゼントにおすすめな無料レシピです。6月の第3日曜日は「父の日」。プレゼントにいかがですか?

ホワイトハーツのフェザーネックレス
ブラックのビーズと、とナチュラル素材のパーツを使用しワイルド感をUP。あえて「赤」をポイントに使うことで印象が強くなる。さらに、ネイティブジュエリー感には欠かせない、羽のメタルパーツをセンターに使用。バランスもとれている。 ALLアメリカ製のメタルパーツ使用で、オシャレパパもきっと気に入る、こだわり素材のネックレス。

無料レシピをチェック

ブラックホワイトハーツブレスレット
新色「黒」をベースに使用したシンプルさと、 欠かせない「赤」をポイントで使用のブレス。「黒」とメタルカラーのパーツを交互に使うことで、「赤」じゃないホワイトハーツを主張。シンプルだけじゃ、物足りないパパへのプレゼントにおすすめ。

無料レシピをチェック

Arrange Recipe赤一色

ホワイトハーツと言えばやはり”赤”

現代のチェコ製ホワイトハーツだからお手軽にハンドメイドできる。大量の赤一色を使った、通すだけの簡単ネックレス。
全体に散りばめたシルバーのメタルパーツが効いている。いつも地味な色合いの服を選びがちなパパが身につけるだけでカッコヨサ30%UPは間違いなしのネックレス。

使用材料をチェック

使用テクニック
ボールチップの使い方【ナイロンコートワイヤーで2本取りの処理】


White Hartsホワイトハーツ

トレンドカラーの「アビスカラー」に合わせたい色。「黒」と「紫」が登場。5mmのブラックとパープルも入荷しました(2017/5/12)。

形状の不揃いな物も入っておりますが不良ではございませんのでご了承下さい。 赤・オレンジなど赤系の色味につきましては製造ロットごとの色ぶれが大きいカラーです。購入タイミングによっては、後日、同じ色を揃えられない可能性もございます。たくさんご使用の際は一度にご入り用の数量のすべてを購入されることをおすすめします。

内側に不透明な「白」があることで、濃い色のレザーコードを通しても外側の色ガラスにレザーコードが透けることなく、色ガラスそのものの発色が美しい「ホワイトハーツ」。
「ホワイトハーツ」は1800年代にヨーロッパで作られ、ヴェネツィアのシェブロンビーズやミルフィオリと同様に、アフリカ大陸やアメリカ大陸との物々交換として使われました。それから時を経て 1900年初頭より、アフリカやアメリカから、ヨーロッパへ逆輸入され始める。現代ではその貴重さもあり、当時のホワイトハーツは大変高価ながらも人気。 圧倒的に「赤」が多く、製造された時代によって違う「赤」を探すのも楽しみの一つである。「赤」に比べて数は少ないですが当時の「オレンジ」や「ブルー」のホワイトハーツも発見されており、とても貴重。
昨今では、現代品の「ホワイトハーツ」を使用していながら、高価なアクセサリーが店頭に並ぶことがある。大量のビーズから、手作業で色や形の仕分けをし厳選されたホワイトハーツだけで作られたものであることが多い。いったいどれほどの量のなかから選ばれたビーズなのか…。理想の色をそろえるにはどれほどの時間がかかったのか…。を想像すると、 たとえ現代品の「ホワイトハーツ」であっても、その価格が跳ね上がってしまうのもうなずけます。
当店のホワイトハーツはチェコ産の現代品レプリカです。 ヴィンテージ物のホワイトハーツに比べ安価で使いやすいホワイトハーツです。ビーダーならご存じの「チェコビーズ」ある程度整った形が作れる現代においてもレプリカとしての完成度と高めるためか、1800年代に、手作りされたように形や厚みが不揃いであることや、製造ロットによる色のぶれは健在です。

Recommend手作りアクセサリーをチェック

ネイティブアメリカン風アクセサリーに添えたいメタルパーツやフェザー

作り方付きのキットと、作り方WEB掲載のものとございます。ご注意ください。

※価格の税込表示は2017年4月現在のものです。