つるし雛(鶯・梅)【キット商品詳細】

つるし雛(鶯・梅)

つるし雛とは、江戸時代後期から始まった風習で吊るし飾りのことで、生まれてきた子供の初節句に無病息災、良縁、幸せをこめて、お母さんやおばあちゃんが手作りされていたものです。

鶯(うぐいす)は、春を知らせる(良いニュースを知らせる)縁起の良い鳥。鳴き声を 聞くと幸運が訪れるといわれます。
※専用台は別売り→ご購入はこちら

桃の節句のシェイプドステッチ

難易度:
サイズ:
全長 約19cm、鶯 4.5×2.5cm、梅 3*3cm
金具の色味:
使用する道具:
はさみ・ものさし
MIYUKI先生のポイント

糸を強く引きすぎたり、同じビーズに何度も針を通すと、ビーズが割れることがありますのでご注意下さい。糸を強く引きしめすぎている場合、作っている途中で糸が毛羽立つことがありますので、適度に引きしめながら作って下さい。

コードNo. 販売形態 内容量 (希望小売価格)
販売価格
在庫 個数選択
BFK533
パック 1セット (1,026円)
820円

レビューで作品画像のアップロードが出来るようになりました
レビューを投稿する

1件のレビューがあります。レビューを全て読む
reviewこのレビューは...6きらりポイント
【作り(使い)やすい】全部作りました

yukipannaさん  2018/02/21
★89

photo拡大表示

つるし雛を知らなかったので、全部作ってみたいと思い一気に作りました。一つずつ針で通して作ることはとても大好きで楽しかったですが、房を同じ長さで綺麗に結ぶのがとても難しかったです。

このレビューは参考になりましたか?

このレビューが参考になったり
作品写真が気に入ったら「きらり」ボタンを押してください。


MIYUKI先生からのコメント

6種類全て作っていただいたんですね!ありがとうございます。6種類揃うと、とても豪華になりますね。


このレビューにコメントする。


レビューで作品画像のアップロードが出来るようになりました
レビューを投稿する

買い物カゴ

現在買い物カゴには
何も入っていません。

合計金額
0円
ページトップへ戻る